物流業界で求められるスキル

そもそも物流とは商品(物)が生産者から顧客まで届けられるまでの一連の流れを指します。物流業界の仕事は「物流業界の全体像」でもご紹介した通り、「輸送」「保管」「荷役」「包装・加工」「情報管理」の5つのプロセスによって構成されています。そのため一連の物流フローに携わる職種は多岐に渡り、どのプロセスに関わるかによって、必要となるスキルは異なります。本記事では物流業界の現業部門に着目し、各業務と求められるスキルをご紹介いたします。

物流業界の職種

物流業界の職種

物流業界では基本的に「管理部門」と「現業部門」に職種が区別されます。管理部門は人事や経理など業界を問わず会社運営に必須のバックオフィス業務です。一方、現業部門は自社サービスを提供し、利益を得るための業務です。物流業界では下記が現業部門に該当します。

管理部門

  • 人事
  • 経理・財務
  • 総務
  • 法務
  • IT

現業部門

  • 営業・マーケテイング
  • 貿易事務
  • 倉庫オペレーター
  • プロジェクトマネージャー
  • ロジスティクスエンジニア
  • 輸送コーディネーター

営業・マーケティング

新規顧客の獲得や既存顧客との関係を深めることで案件の受注に繋げるポジションです。企業活動の出発地点であり、利益を得る上で最も重要な職種の1つです。

 職種:営業、マーケティング、物流コンサルタントなど

運行管理

実際に商品を輸送するプロセスにおいて、発地から顧客のもとへ商品を届ける計画策定・管理を行うポジションです。輸送手段の手配やルートの策定などが業務に含まれます。 

職種:シッピングコーディネーター、運行管理者など 

管理運営

主に物流センターや倉庫において、荷役、保管プロセスに携わり商品の品質管理・在庫管理・入出庫管理を行うポジションです。通関業務や貿易事務もこの管理運営業務の一部と言えます。

 職種:通関士、倉庫オペレーター、貿易事務、物流カスタマーサービスなど

操業改善

データ等に基づき、各業務プロセスの改善や見直しを図るポジションです。仕入れ先の再選定や商品保管場所の見直しを図り、サプライチェーン全体の効率化を図ります。近年ではRPAやAIロボットを活用したコスト削減、省人化の取り組みも活発になっています。 

職種:SCM、ロジスティクスエンジニアなど

各職種で求められるスキル

求められるスキル

営業・マーケティング

顧客とのコミュニケーションを任されることから、相手のニーズを引き出す傾聴力や自社サービスの提案を選んでもらうためのプレゼン能力、交渉力は重要な要素と言えるでしょう。また、より良い提案のためには物流プロセス全般の理解が欠かせません。各プロセスでどのような業務が行われているのかを貪欲に学ぶ姿勢が求められます。

運行管理

限られた予算や期日内で安全かつ着実に商品の輸送を成功させるために現存のリソースを最適に組み合わせる能力が必要です。その過程において、不測のトラブルこともしばしばです。状況に合わせて臨機応変に対応できる人材が求められます。

管理運営

営業と同じく顧客とのコミュニケーションも多々発生するため、交渉力や状況を正確に把握し、伝える能力が重要です。実際に輸出入の処理をするため、貿易や通関に関する知識も必要不可欠です。在庫管理や出入庫管理の際にはITシステムを使うことも多く、新たな知識をキャッチアップする姿勢が求められます。

操業改善

業務の効率化やコスト削減を図るためにもどのプロセスに改善の余地があるのかを見極め、その課題を解決する能力が求められます。そのためにもデータ分析やIoTなどの新技術への知見を得ることを推奨されています。また、目的達成のために現場で働く従業員サプライヤーとの折衝も避けられません。高い交渉力やコミュニケーション能力も必要不可欠と言えます。

物流業界で役立つ資格

運行管理者

国土交通省が認定する国家資格であり、運送会社でドライバーが安全に運行できるように、指示・管理するのが主な役割です。

フォークリフト運転技能者

最大荷重1t以上のフォークリフトを運転するのに必要な国家資格です。倉庫での貨物の運搬等の「荷役作業」の際に活躍します。

危険物取扱者

消防法で定められた「危険物」を取り扱うときに必要な国家資格です。石油・薬品・燃料関連を扱う工場や研究施設などで定期点検、保安の監督が可能となります。

ロジスティクス管理

ロジスティクスとは物流フローの運営のための仕組みを指し、「ロジスティクス管理」は生産・販売計画・在庫状況等を調整する需給管理等を把握する業務管理に関する知識を体系的に身につけることができる資格です。

ロジスティクスオペレーション

倉庫などでの荷役・保管、流通加工・包装、輸配送管理業務に関する知識を体系的に身につけることが可能です。

倉庫管理主任者

「倉庫」における火災の防止や倉庫内業務に従事する労働者の労働災害防止管理に関する業務に携わる方向けの資格となります。

通関士

貿易に関連した唯一の国家資格であり、輸出入の際に税関へ提出する通関書類の作成や、通関手続きに関する法律事項等の知識を備えた貿易のスペシャリストとして物流会社、商社、メーカー等へ活躍の場を広げることが可能です。

国際航空貨物取扱士(IATA/FAATAディプロマ)

国際航空貨物の運送状・輸送スケジュールの作成や運賃計算、その他様々な手続きについての知識を問う資格です。世界的に広く浸透している資格のため、日本のみならず海外就職の際にも役立ちます。

貿易実務検定(C、B、準A、A級)

貿易書類作成等の実務において必要となる知識および英語力がどの程度身に付いているかを客観的に測るための検定試験です。輸出・輸入業務の流れ、貿易関連の法律の習得が可能です。

まとめ

本記事では物流業界の現業部門に焦点を当て、業務区分ごとに求められるスキルをご紹介いたしました。物流業界は社会貢献性が高く、グローバル化やECの台頭により更なる需要が見込まれる成長産業です。ご自身のスキルを活かし、キャリアアップを実現できるチャンスが溢れています。

EPSでは物流業界での転職を希望される方のサポートに注力しております。物流業界出身のスタッフも在籍しており、適切な情報およびアドバイスが提供可能です。転職をお考えの際はお気軽にご相談ください。

バイリンガル求人の専門エージェント

語学力を活かした転職をお考えの求職者様はお気軽にご連絡ください。