バイリンガル(多言語スキル)を活かした仕事

世界のボーダーレス化で一般化しつつあるのがバイリンガルスキル(多言語スキル)です。既に国民の殆どが最低2ヶ国語を話せる国も多く、日本でも早期英語学習に力を入れ始めています。本記事では、バイリンガルスキルを活かせる職種をリストアップしてみました。

EPSでもバイリンガル人材の紹介を行っています。サービスの詳細はバイリンガル人材 / マルチリンガル人材の紹介をご覧ください。

高い語学能力を必要とする仕事

通訳士 / 翻訳士

通訳士 / 翻訳士はバイリンガル人材向けの職種の中でも特に精度の高い英語能力が必要とされる職種です。

通訳士

通訳士は複数言語間で行われるコミュニケーションの架け橋となる職業です。通訳士が必要とされる場面は様々(ビジネス会議、国際会議、国際セミナー、観光ツアー等)なことから、通訳士には広いボキャブラリー、専門知識、精度の高い言語能力が必要とされます。通訳士の上級業務として同時通訳士があり、同時通訳では2言語間のインプット→翻訳→アウトプットを同時に行います。

カジュアルなものには「通訳案内士」という職業もあり、外国人観光客を対象に観光や案内、旅の通訳のサポートを提供します。観光客の質問に回答できるように日本の文化や歴史に関する深い知識が必要とされます。

 

翻訳士

翻訳士は書面上で複数言語を翻訳する職種です。事業マニュアル、契約書、取り扱い説明書、書籍、映画の字幕など、翻訳業務の幅は多岐にわたります。言葉のニュアンスや意図を伝える為に高い精度の言語能力が必要とされます。また、翻訳内容によっては高い専門知識とボキャブラリーが必要とされる場合も多くあります。

語学教師 / 語学講師

語学教師は生徒に外国語を教える仕事です。塾や学校、個人で開業して生徒に語学を教えます。指導は基本的にテキストに沿って行いますが、教師と生徒の会話も大切です。生徒の年齢層が子供から大人まで幅広く、生徒の語学習得も差があり、生徒一人ひとりに合わせた学習方法が必要となるでしょう。最新のニュースや海外の流行などをインプットすることで、生徒とのコミュニケーションがより円滑になります。

日本人に外国語を教える語学教師のほかに外国人に日本語を教える日本語教師という仕事もあります。日本に住む外国人や留学生を指導する場合もあれば、外国の日本人学校で働くこともあります。そのため、日本語の読み書きや文法などを正しく身に着けていることが必須です。日本語教育機関で採用されるには、大学で日本語の語学に関する専攻を終了し、「日本語教育能力検定試験」に合格するのが条件の場合があります。

カスタマーサービス

コールセンターでは、英語力を活かして電話での問い合わせに対応する仕事です。ビジネスレベルの受付電話対応では、お客様のお問い合わせ内容に対して、マニュアルに沿った返答をする必要があります。そのため、相手の話している内容を理解することはもちろん、相手の知りたい答えを英語で適切に答えなければなりません。スピーキング力が大切になります。

 

語学力と専門知識で活躍する仕事

主に国際関係に関わる仕事についてご紹介します。語学力以外にハイレベルな専門知識が必要となります。

外資系企業でのオフィス業務

仕事は多岐にわたりますが、営業、マーケティング、PR、エンジニア、総務など各企業でのオフィス業務の仕事です。

外交官

外交官は世界各地の大使館や領事館に勤務し、国家間の交渉や現地在留邦人の安全を確保する仕事です。外交官はまず外務省に入省したのちに、研修を経て各国の大使館や領事館に派遣されます。国際社会の多様な価値観や母国を離れた環境での勤務に柔軟に対応できることが求められます。各国の文化や歴史、政治、宗教を理解し、日本の顔役として自国の文化や社会を伝えることに勤めます。

外交官になるためには、「国家公務員採用総合職試験」「国家公務員採用一般職試験」または「外務省専門職員採用試験」に合格することが必要です。

貿易事務

貿易事務は、商品の輸出入に関する手続きや書類作成をする職業です。主に貿易会社や海運会社、総合商社で貿易事務の事務として配属されます。主な業務は「輸入業務」と「輸出業務」です。海外の企業へ発注をしたり、支払いの処理、輸送する貨物船の管理、船の到着日の確認など業務は多岐にわたります。主にメールやファックス、国際電話での仕事も多いため、契約書の読み書きはもちろんスピーキング力も必須です。また、短時間に正確な書類を作成したり、時間や日程に関する細かな業務を同時平行で進めるため、高いマルチタスクスキルと事務処理能力の高さが求められます。

貿易事務の仕事に就くために必須の資格はありませんが、貿易事務の知識を総合的に得られる「貿易実務検定®(A~C級)」を取得していることが望ましいでしょう。また、「通関士」や「TOEIC」のスコアが高いと業務の幅を広げることができます。

通関士

通関士とは輸出入品が税関を通過できるよう、貨物の価格や品名、個数などを申告する税関手続きを代行する仕事です。貿易品目を法律と照らし合わせ、関税と消費税を割り出すのが主な業務です。通関士は通関書類の作成のほか、税関調査にも立ち合います。就職先は企業の税関手続き代行を行う通関業者や、倉庫会社、海運会社、物流会社になるでしょう。物流の専門家として、貿易に関する知識が必須となります。

通関士になるためには、「通関士試験」の合格が必須となります。試験合格後、財務省管轄の各地の税関長から認可され、初めて「通関士」の資格を得て業務に就けます。通関士試験では、関税法や外国貿易法などの法律の知識が問われます。

大使館スタッフ

大使館スタッフは日本にある外国の大使館に勤める職業です。大使館スタッフの中でも、ビザ発行や経理、広報、政治など多様な部署があります。職種も秘書、通訳、事務職員、ドライバー、など幅広いです。一方で採用は不定期で、欠員が出たときのみ募集しております。書類作成能力のほか国内外での円滑なコミュニケーション能力などの即戦力が求められるでしょう。語学は英語に加えその国の公用語があると就職に有利です。

在外大使館へ働きたい場合は公務員採用試験に合格しなければいけません。駐日大使館の場合は「The Japan Times」や各大使館ホームページの採用情報から応募できます。

国際秘書

国際秘書は、日本語と外国語で秘書業務を行う職業です。主に国際機関や外資系企業に勤めます。業務は電話やメールの対応、上司のスケジュール管理、書類作成、接客対応などがあります。外国語でのコミュニケーション能力や通訳能力、ビジネスマナーのほかに常に最新の国際ニュースをインプットしておくことが必須です。様々な国の人の対応をするため、その国の文化や風習に臨機応変に適応することも大切です。同様に、適切な日本語や日本の歴史、文化への知識も身に着けておきましょう。

国際秘書になるためには「CBS(国際秘書)検定」を受検し資格取得後、国際秘書の資格取得者を求める企業へ就職活動をします。他にも、ビジネススキルを重視するアメリカの「米国上級秘書資格」などのライセンスを取得していると就活にも有利でしょう。

バイリンガルスタッフ

バイリンガルスタッフは2つ以上の言語を活用して、仕事に活かす職業です。主に外資系の企業や海外と取引をする国内企業、また外国人客が多い店舗などで需要が多い職です。日本では、英語と日本語のバイリンガルスタッフの求人が一番多いですが、英語だけでなく中国語やフランス語、ドイツ語など多くの言語を取得していれば、仕事の幅が広がります。書類作成やコミュニケーション力、通訳や翻訳スキルなど求められる仕事もあるでしょう。

まとめ

語学力を活かした様々な職業を紹介させていただきました。グローバル人材には語学力以外にも専門的なスキルや知識が求められます。INTERN KAIGAIでは海外就職や海外インターンを支援していますのでお気軽にご連絡ください。

バイリンガル人材の採用についてもっと知りたい

バイリンガル人材の採用をご検討の企業様は、EPSが提供するサービスの詳細「バイリンガル人材 / マルチリンガル人材の紹介」をご覧ください。