日本外務大臣、シンガポールで会談し両国の入国制限措置緩和へ

8月13日、茂木敏充外務大臣はビビアン・バラクリシュナン外務大臣(H.E. Dr Vivian Balakrishnan, Minister for Foreign Affairs)と日シンガポール外相会談を実施しました。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って両国が行っている入国制限措置を緩和し、ビジネス関係者などの短期駐在者や駐在員ら長期滞在者などを対象に、9月からの往来再開を目指すことで合意しました。

日本とシンガポールの間で入国後14日間の間、行動範囲を限定した形でビジネス活動が可能となる「ビジネストラック」と駐在員等を念頭に置いた「レジデンストラック」(入国後14日間の自宅等待機あり)について、9月の開始を目指すことで外相間で合意しました。

さらに両外相はワクチンの供給確保に向けて、国際団体「Gaviワクチンアライアンス」などが呼びかけている、複数国でワクチンを共同購入する取り組みが重要だという認識で一致しました。

最新の情報は外務省のページをご確認ください。(外務省:https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea2/sg/page3_002865.html