【2020年8月27日】EPとSpassの最低給与額に関するアップデート

シンガポール労働省は2020年8月27日に外国人向けの就労ビザ取得に関して、必要条件の変更を行いました。今回の変更は、COVID-19の影響による外国人労働者マーケットの停滞に対する調整となります。

最低月額給与額(変更前) 最低月額給与額(変更後) 変更の適用
EP(General) S$3,900 S$4,500 新規申請:2020年9月1日

更新:2021年5月1日

EP(Financial Service) S$3,900 S$5,000 新規申請:2020年12月1日

更新:2021年5月1日

Spass S$2,400 S$2,500 新規申請:

更新:2021年5月1日

また、上記の他にFair Consideration Frameworkに関して下記2点の変更が発表されました。

  1. 「外国人の採用開始前に現地人材向けの求人を公開する期間」をEPに加えSpassにも適用する。
  2. 「外国人の採用開始前に現地人材向けの求人を公開する期間」を14日間から28日間へと変更する。

参考:MOMウェブサイト「Tightening of Work Pass Requirements

EPSがシンガポールで提供する人材紹介サービス

EPSがシンガポールで提供するサービスの詳細は「シンガポールの人材紹介 / 人材派遣サービス」をご覧ください。